虫歯が生まれる理由と放置することの危険性

>

健康な歯のためにできること

虫歯が生まれる原因とは

虫歯の原因、それはミュータンス菌などの細菌です。幼い頃、食べた後にお口をそのままにしておくと、虫歯になるととがめられた経験を持つ方も多いでしょう。そう、その苦言は正解なのです。
ミュータンス菌などの細菌は、お口の中に残る食べ物のカスや歯垢が大好物。ですから、私たちが食後のお口を、何のケアもせずに放置し続ければその結果、虫歯は生まれてしまいます。
具体的にご紹介すると、ミュータンス菌などの細菌がカスや歯垢を栄養分として酸を出します。この酸が歯のミネラル分を溶かし、それによって虫歯が生じるのです。ミュータンス菌などの細菌は一度お口の中に感染すると、そこを根城にします。
しかも、彼らを排除することはかなり難しく、毎日ブラッシングしたとしても、決していなくなることはないのです。

虫歯になりやすい人とそうではない人

虫歯の原因となるミュータンス菌などの細菌。もともとは私たちの口の中には存在しない菌です。しかし、幼い頃にミュータンス菌に感染した人と同じ箸やコップなどを使ったことを原因として罹患してしまいます。ただ、この世にいるすべての人が罹患している訳ではありません。中にはミュータンス菌などの虫歯の原因となる細菌に感染していない人もいます。
つまり虫歯になりやすい人、そしてそうではない人というのは存在するもの。ですから、周りの人がオーラルケアをマメにしていないから私も大丈夫だろうというのは誤った認識ということなのです。
ましてや、お口の中はミュータンス菌以外にも多くの細菌が存在します。一説には10億もの細菌がいるということ。虫歯だけに限らずお口の健康を保つためには、細菌が好む環境にしないこと、清潔を保つことが欠かせないのです。


この記事をシェアする

TOPへ