虫歯が生まれる理由と放置することの危険性

>

虫歯を放置することで生じるリスク

虫歯を放置すると生じるリスク

虫歯はミュータンス菌などの細菌によって誕生します。細菌がお口の中の食べ物のカスや歯垢を栄養分として酸を生み、お口の中が酸性になってしまうのが原因です。酸は歯のミネラル成分を溶かし、脱灰という状態になります。脱灰こそ虫歯の誕生を意味する言葉です。
生まれた虫歯は、そのままではいられません。溶けて出してしまった歯のミネラルは、戻ることはなく、溶け出したところから更にもっと深くなっていきます。
また、歯はミネラルを失いその強度も脆くなります。本来なら物を噛む、すりつぶすといった作業も可能ですがそれもできません。しかも脆くなり、衝撃が神経を刺激します。これによって痛みが生じるのです。
虫歯を放置すると痛みが強くなり、次第に歯も弱くなってしまうのですが、それだけでなく、その土台すら失う可能性もあります。

最悪の場合は健康にも

虫歯を放置すると、歯が弱くなるだけではありません。歯の土台すらも弱くなりますから、歯が抜けてしまう可能性もあるのです。永久歯は一度抜けてしまうと、もう生えてきません。
1本歯が抜けると、その脆くなった土台は周辺にも及びます。1本だけでなく、2本、3本と抜けてしまう可能性もあるのです。
さらに歯は、私たちの健康を守るためにも大きな役割を持っています。バランスの良い咀嚼は、顎を中心に身体全身のバランスも支えています。それが虫歯で歯が抜けると、バランスを失い、身体の不調の原因となっていくのです。
歯1本だけのつもりでもその1本の虫歯を放置することは、身体全身の不調を生じさせる原因ともなりえるもの。つまり、虫歯を放置することは全身の不調を生ずるリスクをも持っているといえるのです。


この記事をシェアする

TOPへ