虫歯が生まれる理由と放置することの危険性

>

虫歯の無い環境を保つ

正しいオーラルケアとは

ミュータンス菌などの細菌によって虫歯が生まれるわけですが、ご自身のお口に細菌がいるから、もう一生虫歯ができやすいタイプなのだと落胆する必要はありません。例え、お口の中に虫歯を生むミュータンス菌などの細菌がいたとしても、毎日の正しいオーラルケアを続けることが大切です。
まずは正しいブラッシング方法を身につけること。歯には見えないところにも汚れや歯垢が残っている可能性があります。強い力で擦ると歯の表面は傷付きやすい欠点もありますので、優しい力で全体にゆっくり時間をかけて磨くことが大切です。
またフッ素コーティングも欠かせません。フッ素は歯の表面のエナメル質を強化してくれる効果があります。初期の虫歯ならフッ素コーティングによってミネラルの溶け出しを防止することもできるのです。

定期的な歯科検診を

ご自身でのオーラルケアに加えて、歯医者さんでの定期的な歯科検診もオススメです。歯医者さんでの治療が怖いという方に先にご紹介しておきますが、定期的な歯科検診では治療を行うわけではありません。ですから治療の際に生じる痛みはありません。
お口の中を専門の技術を持つスタッフが確認することで、初期の虫歯を見つけてくれるのが歯科検診です。また歯周病になるリスクも歯科検診で見つけることができます。初期の虫歯なら痛みもなく短時間で治療を済ませることも可能です。
自分でオーラルケアをしていても、見えないところも多くあるのがお口の中。自己満足で大丈夫だと思い込むと、見えないところに大きな虫歯が出来てしまうこともありますが、歯科検診を定期的に受ければ、それも回避することができます。


この記事をシェアする

TOPへ